テレビ、映画業界志望者必見の映画

ある日の講義の話。


その日担当の講師が、入室してきました。

その人物は、中年のディレクターさんで、

席に着くや、

「三日寝てない。この講義の後も朝まで編集があるから、述べ四日になんな」

と、

トレーナーの袖を捲り上げながら言いました。

「何か質問はあるか」

と、自己紹介無しでいきなり質問を求めてきました。


「あの……」

「なんだあ?」

「見るからに業界人っぽいですね」

「編集室住んでポテチ食ってっとこーなんだよ」




目が血走ってる




「ずっと疑問になってたことがあるんですけど」

「なんだよ」

「番組が始まるときに、番組から始まらず、いきなりCMに入るときがありますよねえ」

「おう」

「あれ、視聴者にチャンネル変えられる可能性高くならないですか?」

「あれは、大手スポンサーが、どえらい力持ってて、自社のCMを強引にさしこんでんだ」

「ああ、それでですか」

「○○さん(その番組のプロデューサー)も頑張って交渉し続けてるみたいけど、無理らしいわ」

「大変ですねえ」



「ブッ!」



講師が腰を浮かしてをした後、


「糞食らえの制度だよな」


と言った。



「ためになる映画はありますか?」

「色々な映画をみた方が勉強になるけど、無数にあるよな。名作駄作…普通のよりメイキング物をみろ」





 メイキング物は、コンセプトや製作映像も特典として盛り込まれているため、勉強になるそうです。




「テレビや映画業界目指すなら、エイリアンⅡを見ろ。これは映像技術として圧倒的に洗練されてんだ」




エイリアンⅡの特徴

 ・余分な画が多いが、トータル的にみ全て必要。

 ・間を埋めるのが上手い。


 ということで、業界内で高評価が常識だそうです。


「ディレクター、映像クリエイターを目指す奴は、擦り切れるほどみろ!」

 と、の賜わっていました。